教師の資格を取得

 「将来は学校の先生になって子供たちに質のよい教育をしたい」と心のなかで燃え盛る気持ちをとうとうと語っていた時期がありました。教師になって子供たちが分かりやすい、おもしろい授業が出来ればなと思っていました。そんなわたしでしたがのちのち自分の脳力の無さに気づき結局教師になる夢は諦めざるを得ませんでした。さて、もしも学校の教師の資格をとろうとしたらどのようにとれば良いのでしょうか。教師になるまでの一連の流れをご説明したいと思います。 まず学校の教師になるためには教育に関する教育を受けなくてはなりません。それについては、看護師や看護助手といった医療系の職業と同様に資格も必要です。一般的な方法として高校から教育学部のある大学へ進みそこで教育に関して教育を受け最終的には教員免許を取得するという方法です。もっともポピュラーで一番手っ取り早い方法です。では経済学部とか法学部といった学部の人たちは教師の資格を取ることはできないのでしょうか。答えは否です。実は教育学部以外でも文部科学省が定める一定の学士号を取得していたり単位を取得していると教員免許を取得することができ晴れて教員になることが可能です。 さて、大学も卒業してしまい必要な単位も持っていないもしくは大学を出ていないという人たちが教師になるためにはどうしたらよいのでしょうか。簡単な方法として「通信制大学を活用する」という方法があります。通信制ならば自宅にいながらにして資格取得できますから夢を諦めなくても大丈夫です。 みなさんが教師になるときにどうしたら資格を取得できるかを書きだしてみました。みなさんがんばってくださいね。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ